α六甲道整骨院鍼灸院ブログ

インフルエンザ予防に、タンポポ茶 ショウキT-1はいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは!

昨日は基本的なインフルエンザ対策について書きました。手洗い、マスク、予防接種…基本的なことをきっちりやることが大事でしたよね。

今日は、それにプラスして、より効果的にインフルエンザを予防したいという方に、「タンポポ茶 ショウキT-1」をご紹介します。

 

〇タンポポ茶 ショウキT-1って何?

「タンポポ茶 ショウキT-1」は、タンポポの葉に含まれる有効成分糖鎖T-1を主成分として精製抽出し加工したお茶です。
1袋(100ml)あたりタンポポの葉1kgを使用して作られています。

希少糖T-1は健康に良いといわれるタンポポのパワーの源で、分子量が600以下の糖鎖のことを言います。
医学博士邵輝先生(大阪大学)はタンポポの葉に注目され、希少糖T-1と呼ばれるタンポポの葉の微量成分を追求しました。 希少糖T-1はオクラやにんにくにも含まれていますが、たんぽぽには大変多くのT-1成分が含まれていることが分かりました。 邵輝先生はタンポポの葉から希少糖T-1のみを抽出することに成功し、食用蟻、ハトムギ、緑茶を配合してタンポポ茶ショウキT-1を作りました。

 

〇タンポポの希少糖がなぜ体に良いの?

タンポポT-1成分の希少糖は血流を良くし細胞を活性化させる働きがあります。 タンポポT-1には利尿と通便効果で不要な物を体外に排出し体の解毒を助けます。 新陳代謝が良くなり血管に溜まった老廃物を流し去るので体を温めます。体質が改善され免疫力も増してきます。

一般には希少糖には、血圧降下作用、抗腫瘍作用、コレステロール低下作用、体内有害物質作用、微生物感染への抵抗増強作用、細胞の活性化作用があるといわれます。

 

〇タンポポ茶のインフルエンザへの効果

タンポポ茶 抗ウイルス作用

C型肝炎患者の肝臓組織を採取して実験した結果、培養液のみで培養するとウイルスが検出され、ショウキT-1抽出物と一緒に培養するとウイルスは検出されませんでした。臨床でもその他のウイルスに対して抗ウイルス作用が確認されています。また日本や中国を中心に様々な病院でタンポポ茶が使われ、「タンポポ茶はインフルエンザに有効である」という報告が多数あげられています。

さらに、中国ではSARSのコロナウイルスに有効であったとの報告や、新型インフルエンザについては、H5N1鳥インフルエンザウイルスにin vitro(実験上)で有効であったとの報告があります。

このように、研究と臨床の両方で、タンポポ茶のインフルエンザへの効果は証明されています。

 

〇「たんぽぽ茶 ショウキT-1」と「普通のたんぽぽ茶」との違い

「たんぽぽ茶 ショウキT-1」と市販されている「たんぽぽ茶(またはたんぽぽコーヒー)」は、まったくの別物です。

市販されている「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」は、タンポポの根を使ったお茶になります。

一般的には母乳の出をよくするために使います。その根を焙煎して、香ばしくしたものがタンポポコーヒーです。

では「ショウキT-1エキス」は、何の成分かというとタンポポの葉から抽出されるエキスになります。

「たんぽぽ茶」も、「ショウキT-1エキス」も両方とも、たんぽぽから作られるので、両者ともたんぽぽ茶と言われたりするのですが、働きは全然違います。

また、葉からとれるエキスといっても、ショウキT-1エキス単なる「葉」のお茶ではありません。

良質のタンポポの葉50㎏から、わずか1gくらいしか抽出されないエキスがタンポポT-1エキスで、そのエキスが豊富に含まれるのが、ショウキT-1エキスになります。

前述したとおり、抗ウイルス作用や解毒作用、血流改善作用など、さまざまな作用があります。

 

 

いかがでしたか?

インフルエンザに限らず、体質を改善したい方、妊娠しやすい体を作りたい方は、「ショウキT-1 たんぽぽ茶」を試してみてはいかがでしょうか。

当院にも「ショウキT-1 たんぽぽ茶」を取り扱っておりますので、お気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

080f9cc74e3f781e75429c58e2f55a31-300x250  funin2
        

関連記事

kizisitatel