スポーツ外傷

スポーツ外傷

3580dc_6c1b2902805948628dc753f658a7e219

スポーツ外傷とは?

プレー中に無理な力がかかることによる怪我で、足首や手首の捻挫・肉離れ・打撲・突き指などの突発的な怪我のことをいいます。
腫れがある、熱感がある、動かすと痛い、押すと痛いなど痛みの感じ方や感覚は様々です。
けがの再発や悪化を抑えるためにも、より早く治療を行っていくことも重要です。

スポーツ外傷の種類と処置法

捻挫

関節内の損傷のことをいい、関節の可動域を超える外力が加わると関節をつないでいる靭帯が損傷します。

捻挫の程度により異なりますが、受傷直後にはあまり腫れず夜やその翌日になって腫れることが多くあります。

関節の運動痛の他に、熱感、反痛があります。腫脹や疼痛が強い場合は、筋緊張のために不安定感性があまり強く出ません。重度のものになると、剥離骨折を伴う場合もあります。

捻挫は軽く考えて無理をしてしまう方が多いようですが、初期の処置が大変重要です。痛みが強い場合は検査をしたほうがよいでしょう。

骨折

大きな外力により骨が折れ痛みや出血を伴う状態をいいます。

骨折の症状として、異常可動性、変形、機能障害や損傷部を動かしたときにグチュグチュ音が聞こえます。

大きく分けて皮膚の中で折れている閉鎖性骨折と、皮膚が開いてしまっている開放性骨折の二つに分けられ、後者は感染症の危険があるので注意してください。

脱臼

痛みによる運動制限、変形、短縮、関節窩に空虚にみられ他動的に動かすと元に戻る弾発性固定(バネ様固定)が特徴的です。

整復をして元に戻せば痛みは軽くなりますが、痛めた際に筋肉や靭帯、関節包等を痛めていますので、痛みが軽くなったからといって放っておくと習慣性脱臼のなる可能性があるので受傷直後は一定期間固定してください。

肉離れ

筋肉を包む筋膜や筋肉の繊維が部分的に伸びたり切れたりした状態のことをいいます。

腫脹や圧痛、皮下出血がみられ、大腿四頭筋、ハムストリングス、ふくらはぎの筋肉に発生しやすいです。

損傷が強い場合には損傷部に陥凹が見られます。受傷直後はRICE処置が有効で、特にアイシングと圧迫は血腫を抑えるために必要なのでしっかり行って下さい。受傷から3~4日経過し症状が軽くなってきたら、治療を温罨法に替えて軽い負荷からリハビリを開始して徐々に運動レベルを上げていきましょう。

急な練習は再受傷する可能性があるので気をつけて下さい。

突き指

スポーツ全般で多く発生しますが、ラグビー、野球、バレー等の球技で多く中指・薬指の受傷が多いです。

重症なものになると靭帯が付着している骨が剥離骨折してしまう場合もありマレットフィンガーが有名です。

腫脹、皮下出血、可動域制限がみられ、場合によってはシビレを伴います。よく突き指は引っ張ればよいと言われますが、かえって悪化させる可能性があるのでやめてください。特に指の掌側(てのひら側)の関節面に強い皮下出血がある場合、掌側板を損傷している可能性があるので注意してください。

適切な応急処置方法

3580dc_921f730eb6df46a9b7183de2d69c67a5

スポーツ活動中に急激に過度な力が加わることで、骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れなど、いわゆるケガが生じたときは、ただちに適切な応急処置が必要です。

これらをするかしないかによって痛みのでかたや後の治療期間に大きな影響が出ます。長期間に同じスポーツを続けることにより、体の一定の部位に負担がかかり、疲労骨折・ゴルフ肘・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症・シンスプリントなどのスポーツ障害が生じます。スポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があり、それぞれ適した治療予防が必要になります。

※スポーツ前後のストレッチ指導・練習、試合前のテーピング処置も行っています。
※オスグット(成長痛)もご相談ください。

加圧リハビリテーション

当院では、加圧トレーニングを応用した加圧リハビリを行っています。

加圧リハビリとは、加圧トレーニングの効果を最大限に利用し、軽い負荷の運動で関節への負担を少なくし、血流の改善による自然治癒力と筋力の向上によって、短期間で回復させるために行うリハビリテーションです。

スポーツ外傷の場合、靭帯損傷や肉離れ、捻挫などに効果があります。

kizisitatel