α六甲道整骨院鍼灸院ブログ

動脈硬化と血管年齢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは!明けましておめでとうございます。

年末年始は、ゆっくりと過ごせましたか?

お仕事だった方は、お疲れ様でした。

 

さて、2016年初めての記事は、「動脈硬化と血管年齢」について書きたいと思います。

動脈硬化と血管年齢は密接な関係があります。

血管年齢とは文字通り血管の年齢の事をいい、この血管年齢が実年齢と比べてどのくらい高いかを知る事で、脳卒中や
心筋梗塞などの命にかかわる病気を防ぐ手立てになります。

そして、血管年齢を上げる原因となり、脳卒中や心筋梗塞などの突然死を招く原因となっているのが、動脈硬化なのです。

脳卒中や心筋梗塞は、日本人の死因の上位にランクインしている怖い病気です。しかも、その原因となる動脈硬化には自覚症状が
無いことから、気づいた時には遅かったとなりかねません。

動脈は通常柔らかく、血液をスムーズを流動させています。血液を流動させる事によって、全身に栄養と酸素を運んでいます。
ところが、血管の老化によって血管年齢が高くなると、次第に血管壁が硬くなり、厚みを増し、血管が狭くなります。

これが動脈硬化です。

つまり動脈硬化が起こり血管年齢が高くなると、血流が悪くなり、全身にうまく栄養が回らなくなります。すると、内臓機能が
低下したり疲れやすい体になったりするのです。

 

慢性的な疲れやコリがある方、血液検査で要注意と言われた方、運動不足が気になるという方は、一度血管年齢を測定してみてはいかがでしょうか?

当院でも血管年齢測定を行っております。値段は500円で、所要時間は約1分です。

血管トレーニング1

どうぞお気軽に、院内までお声掛けください。

 

2016年もα六甲道整骨院・鍼灸院をよろしくお願い申し上げます。

080f9cc74e3f781e75429c58e2f55a31-300x250  funin2
        

関連記事

kizisitatel