2020.12.16

大和トウキを特産品に

皆さん、こんにちは!

今日は、新聞で見つけた薬草に関する記事を紹介したいと思います。

「薬草のまち」と呼ばれる奈良県宇陀市。近年では大和トウキの薬草培養家を増やす試みがあります。

大和トウキの根は漢方の原料となり、冷えや血行促進に役立ちます。

漢方の他にも、飴やドレッシング、葉から精油を作る際に生じる蒸留水を原料とする化粧水などの開発が進められています。

この記事をきっかけに、漢方にも使われている薬草を身近に感じていただける方が増えたら嬉しいです。

yamatotouki

令和2年12月10日(木)日本経済新聞より

α六甲道整骨院 鍼灸院
神戸六甲道漢方堂

所在地 : 〒657-0041 神戸市灘区琵琶町1丁目2-12
JR六甲道駅より南東へ徒歩3分
阪神新在家駅より北東へ徒歩4分
*お車でご来院のお客様は
 近隣のコインパーキングをご利用ください