2021.3.15

新型出生前検査 国が関与へ

桜の開花が楽しみな季節となってきましたね。

今日は、新型出生前検査についての記事を紹介したいと思います。

新型出生前検査とは、出産前に血液検査を行い、胎児にダウン症などの疑いがあるかどうかが分かるというものです。

今までは日本医学会が実施施設を認定してきましたが、今後は国が施設の審査・認定に関与することが協議されました。

これには、施設の管理体制を整えて、妊婦の方々が施設を選びやすくするというねらいがあります。

検査の信頼度が高まるありがたみを感じる一方で、検査をするかどうか、陽性だった場合に出産するかどうか、といった判断は簡単なものではなく、命の重さについて考えさせられます。

令和3年3月14日(日)読売新聞朝刊

NIPT(新型出生前診断)認定施設一覧↓

http://www.nipt.jp/jisshi.html

日本産婦人科学会↓

「母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)」指針改訂についての経緯・現状について

α六甲道整骨院 鍼灸院
神戸六甲道漢方堂

所在地 : 〒657-0041 神戸市灘区琵琶町1丁目2-12
JR六甲道駅より南東へ徒歩3分
阪神新在家駅より北東へ徒歩4分
*お車でご来院のお客様は
 近隣のコインパーキングをご利用ください